トップ

健康のためにやめる

タバコが及ぼす健康被害

ブル

タバコが健康に与える悪影響 

タバコには数多くの有害物質が含まれています。フィルターを通して吸うことで有害物質が軽減されていますが、健康に多大な悪影響があることには変わりがなく、喫煙がプラスになることはありません。タバコに含まれる発癌物質によって、喉頭癌や肺癌など複数の癌になる確率が上昇すると考えられています。また、ニコチンによって血流が阻害され、一酸化炭素を吸うことによって体の酸素が不足した状態になるため、本来持っている体力が低下します。健康に対する悪影響にはこれら以外にも様々なものがあるため、できるだけ利用しない方が良いです。

タバコの体への悪影響について 

タバコを吸うことによってストレスが解消されたり、集中力が高まったりなどの効用を得られる感じている人は少なくないと思いますが、そのような効用は脳がニコチンに支配されていることを示していると思います。人間の体の健康にさまざまな悪影響を及ぼしてしまうことがあるので、吸いすぎには注意が必要です。タバコと密接な関係がある病気は、がんや心臓病、脳卒中といわれています。その他にも、骨粗しょう症や歯周疾患、不妊や月経痛などの健康障害を引き起こす可能性があります。体への悪影響について正しい知識をもつことが大切なことだと思います。

ストレスとたばこの情報

新着情報

© Copyright タバコが及ぼす健康被害. All rights reserved.